ご自宅で美味しい梅酒ができます 梅酒用梅 1.2kg×2袋 熊野の里 新色 完熟の紀州南高梅の秀品3Lサイズ使用 3326円 ご自宅で美味しい梅酒ができます 梅酒用梅 1.2kg×2袋 完熟の紀州南高梅の秀品3Lサイズ使用 熊野の里 食品 フルーツ・果物 梅 食品 , フルーツ・果物 , 梅,/midribbed66461.html,1.2kg×2袋,梅酒用梅,ご自宅で美味しい梅酒ができます,tiranganews.in,熊野の里,3326円,完熟の紀州南高梅の秀品3Lサイズ使用 食品 , フルーツ・果物 , 梅,/midribbed66461.html,1.2kg×2袋,梅酒用梅,ご自宅で美味しい梅酒ができます,tiranganews.in,熊野の里,3326円,完熟の紀州南高梅の秀品3Lサイズ使用 ご自宅で美味しい梅酒ができます 梅酒用梅 1.2kg×2袋 熊野の里 新色 完熟の紀州南高梅の秀品3Lサイズ使用 3326円 ご自宅で美味しい梅酒ができます 梅酒用梅 1.2kg×2袋 完熟の紀州南高梅の秀品3Lサイズ使用 熊野の里 食品 フルーツ・果物 梅

ご自宅で美味しい梅酒ができます 梅酒用梅 全商品オープニング価格 1.2kg×2袋 熊野の里 新色 完熟の紀州南高梅の秀品3Lサイズ使用

ご自宅で美味しい梅酒ができます 梅酒用梅 1.2kg×2袋 完熟の紀州南高梅の秀品3Lサイズ使用 熊野の里

3326円

ご自宅で美味しい梅酒ができます 梅酒用梅 1.2kg×2袋 完熟の紀州南高梅の秀品3Lサイズ使用 熊野の里






商品詳細
商品名
梅酒用梅 1.2kg×2袋 3L 完熟の紀州南高梅の秀品 熊野の里
商品説明
完熟の紀州南高梅の秀品を使用

通常の冷凍でない梅はつけあがりに半年以上かかりますが、冷凍梅は1~2カ月後からお飲みいただけます。

1■使用するビンは、熱湯で煮沸消毒します。キッチンペーパーや布巾などで水気をよくふき取り、ビンの口を下にして、日の当たるところで乾燥させます。

2■冷凍梅を解凍させながら流水で優しく洗います。
解凍すると、とても柔らかくなり皮が破けたりするので、やさしく取り扱ってください。

3■冷凍梅のヘタをとり除きます。ヘタは手で簡単にとれます。
取れにくい場合は、竹串を使ってヘタを取ってください。
※ヘタを取る際はできるだけ梅を傷つけないように梅を洗いながら取るのが効率が良いです。

4■キッチンペーパーやきれいな布巾のどで水気を取ります。水気はカビの原因になるのできっちりと取ってください。
※梅の実がやわらかなので、取り扱い時は、やさしく水気を取ってください。

5■冷凍梅と氷砂糖を交互にビンに敷き詰めていきます。残りの氷砂糖を上にすべてのせます。※氷砂糖の量はお好みで調整してください。

6■1.8リットルのホワイトリカーをすべて注いでください。きちんとフタをして、温度変化の少ない冷暗所で保存してください。

7■漬け込んで一カ月後に梅の実を取り出してください。果肉がつぶれて梅酒に混ざるのを防ぐためです。通常の冷凍でない梅はつけあがりに半年以上かかりますが、冷凍梅は1~2カ月後からお飲みいただけます。水割り、ソーダ割、お湯割り等、お好みでお飲みください。梅ジュースの場合は1/4に希釈してください。

※自家製梅酒を作る場合、酒税法の規定で、アルコール分20度以上のもので漬けなければならず、ぶどうや穀類等と一緒に漬けることは禁止されています。

ブランデーやウイスキー・ウォッカ・ジンなど、アルコール度数が35%以上のお酒であれば梅酒を作ることができます。分量は同じです。
内容量
1.2kg×2袋
原材料
梅(和歌山県産)
賞味期限(製造から)
365日
保存方法
冷凍保存
製造者
熊野の里株式会社
関連キーワード
梅酒 うめ 産直 産地直送 セット ギフト GIFT 贈りもの 贈り物 御礼 結婚祝い 出産祝い 内祝 お中元 お歳暮 手土産 おもたせ

ご自宅で美味しい梅酒ができます 梅酒用梅 1.2kg×2袋 完熟の紀州南高梅の秀品3Lサイズ使用 熊野の里

新着

人気のカテゴリ

ピックアップ

KARATZ STORE 本日の新着商品

KARATZ Gem Magazineとは?

カラッツGemMagazineは宝石鑑定士が監修する国内最大級の宝石専門情報メディアです。
宝石の豆知識をはじめ、本物と偽物宝石の見分け方、著名人へのインタビューなど宝石にまつわる色々な情報を発信しています

KARATZについて


株式会社KARATZ(カラッツ)は

「宝石をより多くの方に楽しんでいただきたい」「宝石の輝きと共に皆様を笑顔にしたい」

そんな願いとともに、宝石にまつわる多くの情報を発信している会社です。

web情報メディア、SNSでの発信だけでなく、GIAや国際宝飾展(IJT)で講演をしたり、都内にて小学生講座や宝石好きの方を対象としたイベントを開催するなど、あらゆる方法にて多くの方に正しい知識を伝える活動を行っています。