NEO iDSD アイファイ オーディオ USBプリアンプ USB-DAC ヘッドフォンアンプ iFi-audio 未使用 アイファイ・オーディオ,tiranganews.in,USB-DAC(USBプリアンプ&ヘッドフォンアンプ),/damson391166.html,TV・オーディオ・カメラ , オーディオ , アンプ , プリアンプ,iFi-audio,51975円,NEO,iDSD アイファイ・オーディオ,tiranganews.in,USB-DAC(USBプリアンプ&ヘッドフォンアンプ),/damson391166.html,TV・オーディオ・カメラ , オーディオ , アンプ , プリアンプ,iFi-audio,51975円,NEO,iDSD 51975円 NEO iDSD アイファイ・オーディオ USB-DAC(USBプリアンプ&ヘッドフォンアンプ) iFi-audio TV・オーディオ・カメラ オーディオ アンプ プリアンプ NEO iDSD アイファイ オーディオ USBプリアンプ USB-DAC ヘッドフォンアンプ iFi-audio 未使用 51975円 NEO iDSD アイファイ・オーディオ USB-DAC(USBプリアンプ&ヘッドフォンアンプ) iFi-audio TV・オーディオ・カメラ オーディオ アンプ プリアンプ

NEO iDSD アイファイ オーディオ USBプリアンプ USB-DAC ヘッドフォンアンプ iFi-audio 爆安プライス 未使用

NEO iDSD アイファイ・オーディオ USB-DAC(USBプリアンプ&ヘッドフォンアンプ) iFi-audio

51975円

NEO iDSD アイファイ・オーディオ USB-DAC(USBプリアンプ&ヘッドフォンアンプ) iFi-audio












【返品種別A】
「返品種別」について詳しく
2020年12月 発売


メーカー保証期間 1年

【ご購入後のお問い合わせにつきまして】
本製品に関する技術的なご質問・初期不良等につきましては メーカーサポート へお問い合わせください。
※詳細はメーカーサイトをご確認下さい。




★"すべてが新設計"iFi Audioのミドルレンジクラス《NEOシリーズ》登場! 

◆3つの動作モード(固定ライン出力、可変ライン出力、ヘッドフォン出力)を装備
純粋な固定ライン出力を備えた DACとして使用すれば、オーディオ・システム内の別のプリメインアンプやプリアンプに接続することができます。
可変ライン出力を備えた DAC&プリアンプとして使うこともでき、これはパワーアンプやアクティブスピーカーに接続する場合には理想的です。
そしてもちろん、ヘッドフォン・ユーザーへは優れたアンプ・ステージを利用してすばらしい「ヘッドファイ」システムを実現することができるのです。

ケーブル経由で接続しようと、最新フォーマットのBluetooth経由で接続しようと、NEO iDSDの一段上のデジタルエンジンとフルバランス・アナログ回路が魅力的なサウンドを生み出します。

◆カスタムデザインのデジタルエンジン
NEO iDSDの「デジタルエンジン」は、iFiが幅広く使用しているバーブラウンのDACチップを基本にしています。
ナチュラルサウンドの「音楽性」と「トゥルーネイティブ」のアーキテクチュアによって、音質、DA変換回路、双方の観点から iFiの初期製品から採用しているものです。
iFiはこのDACチップに豊かな経験を持っており、最上の音質を引き出す方法を知っているということです。
しかし、NEO iDSDの音質にはDACチップの本来備わった音質が内在しているものの、模範的なDACステージを生み出すために、特定のDACチップの選定以上のものが数多く含まれています。

そういった重要な部品のひとつが、USBやS/PDIFデジタル入力経由で受信したオーディオ・データを処理するXMOSチップです。
NEO iDSDは、処理能力を大幅に高めた新開発の低レイテンシーのXMOSマイクロコントローラーを使用しています。
現世代の8コアのチップと比較すると、この新しい16コアのICは、2倍のクロック・スピード(2000MIPS)と4倍のメモリー(512KB)を実現するとともに、最新のスーパースピードUSB規格にも準拠。
このXMOSファームウェアはiFi社内のデジタル開発チームがプログラミングしているので、音質を最適化し、バーブラウンのDACとの完璧な組み合わせを確保することができるのです。

その他にも iFiのGMT(グローバルマスタータイミング)フェムト精度クロックやインテリジェントメモリバッファなど、広範なジッター除去技術がデジタルステージへ適用されています。
また、iFiのGTO(Gibbs Transient Optimised)デジタルフィルターが組み込まれています。

◆すべてのフォーマットが最高の品質で
ハイレゾ・オーディオの最高フォーマットへの対応を実現しており、32ビット、768kHzまでのPCMフォーマット、DSD512 までのDSD、そしてシングルスピードとダブルスピードのDXDに対応します。

バーブラウンのDACチップの4チャンネル「トゥルー・ネイティブ」設計によってPCMとDSDは別々の経路を通るので、DSDもPCMも「ビットパーフェクト」、つまりネイティブの形でアナログ変換に送られます。
これは他のブランドのDAC機器では、それほど見られるものではありません。
DSD対応と謳っていても、そういったDACの多くはDSD信号をPCMに変換しているのです。

TIDAL「Masters」やMQA-CDなどで使用されている MQA フォーマットも、USBとS/PDIF(同軸、光)入力で対応しており、新しい16コアのXMOSチップによって384kHzまでのMQAのフルデコードが可能です。
つまり、MQAレンダラーによる最後の「アンフォールド(展開)」だけではなく、「3つのアンフォールド」によるフル・デコーディング処理が内部で実行されるということです。
TIDAL「Masters」のみならず、MQAローカル音源再生や、CDトランスポートによる MQA-CD再生においても、NEO iDSDによるMQAフルデコード再生が優れたサウンドを最大限に活用するすばらしい手段となるのです。

◆これまでに聞いたこともないようなBluetooth
iFiは、ZEN BlueとAuroraを発売した時、クアルコムの新しいQCC5100 Bluetooth ICを使用した最初のオーディオ・ブランドになりました。
このチップを専用回路と組み合わせて、聴感的に優れた「Bluetooth エンジン」を開発し、今回これをNEO iDSDにも組み込んでいます。

クアルコムのaptX AdaptiveとaptX HD、ソニーのLDAC、ファーウェイのLHDCを含む、現行のすべてのハイレゾBluetoothオーディオ・コーデックをサポートしています。
他にも、通常のaptXとaptX Low Latency、AAC、SBC(「ごく普通の」Bluetoothコーデック)に対応しています。
つまり、Bluetoothの規格内で可能な限りすべてのコーデックに対応しているということです。
また、iFiの「Bluetooth エンジン」はワイヤレスでアップデートすることが可能なので、将来的にはNEO iDSDにさらにコーデックを追加することが可能です。
NEO iDSDはBluetooth機器とのペアリングを7件まで「記憶する」ことができるので、機器の切り替えが簡単で、しかも最新の Bluetooth 5.0の規格により、受信レンジも不足ありません。
また、現在のハイレゾBluetoothコーデックのサンプリングレートに対応しています。
24ビットの処理能力を持ったコーデックで、aptX AdaptiveとaptX HDが48kHzまで、LDACとLHDCは96kHzまでです。

◆PureWave回路設計 — パワーのバランス
NEO iDSDは、新たに開発されたバランス・シンメトリカル・ デュアルモノ・トポロジーを採用し、短くダイレクトな信号経路を実現しています。
これは、このNEO iDSDのために特別に開発されたもので、iFiではこの回路設計を「PureWave」と呼んでいます。
並外れたリニアリティーと最少のノイズと歪みによって達成された、純粋な音を表す名称なのです。

ヘッドフォンアンプ・ステージは、高感度なインイヤーモニターから莫大な電流を要求するプレーナー型ヘッドフォンに至るまで、どんなタイプのヘッドフォンを駆動しようと、パワーと安定のバランスを保ちます。
バランス・ヘッドフォン・ソケットから32Ωで1000mW 以上の出力を継続して供給することができるのです。
最高度の解像度を保つために、ボリュームは精密なマイクロプロセッサーでコントロールされた抵抗ラダー経由で、アナログ領域で調節します。

◆高い接続性
NEO iDSDは3つのデジタル入力端子を装備しています。
エイシンクロナス USB-B、S/PDIF同軸、S/PDIF光です。
これら3つのデバイスは同時に接続することができ、しかもBluetoothでも接続できます。

バランス出力を装備しているので、NEO iDSDのフル・バランス回路を最大限に活用することができます。
フロントパネルには、6.3mmシングルエンド・ヘッドフォン・出力に加えて、4.4mmペンタコンバランスヘッドフォン出力も装備されているので、バランス接続が可能なヘッドフォンで使用することができます。
背面パネルには、NEO iDSDをアンプやアクティブ・スピーカーに接続するための RCAシングルエンド出力端子に加えて、ハイエンド・ハイファイの標準であるバランス接続を可能にするためのXLRバランス出力を備えています。

■ 仕 様 ■
[NEOIDSD]

アイファイオーディオ


(※この説明文は市場店の記載内容です。URLはhttps://item.rakuten.co.jp/jism/で始まります。URLが異なる際はサイトを利用することのないよう十分ご注意ください。)

NEO iDSD アイファイ・オーディオ USB-DAC(USBプリアンプ&ヘッドフォンアンプ) iFi-audio

  • 慶應義塾大学 理工学部・理工学研究科 Faculty of Science and Technology, Keio University
  • 慶應義塾大学 理工学部・理工学研究科 Faculty of Science and Technology, Keio University
  • 慶應義塾大学 理工学部・理工学研究科 Faculty of Science and Technology, Keio University
  • 慶應義塾大学 理工学部・理工学研究科 Faculty of Science and Technology, Keio University
  • 慶應義塾大学 理工学部・理工学研究科 Faculty of Science and Technology, Keio University

あなたは、どんな理想を叶えたいですか?

慶應義塾では、一人ひとりが理想を掲げ、
それを実現するために一生懸命活動しています。
研究や社会、将来の姿など、
様々な物事に対して常に理想を考え、
学生や教員がお互いに支え合い、
意見を尊重しながら、その想いを実現させています。

詳しく見る

News/Event

ナビゲーションの始まり